いい賃貸を見つけるには

賃貸物件を借りて引っ越してから、「あ、しまった!部屋探しの時もっと考えておけば良かった!」と後悔したことはありませんか? 色々と事前に考えているつもりでも、意外と抜けや漏れがあったりするものですよね。部屋探しをする時に大事なことを整理してみましょう。 まずは部屋の条件を整理します。家賃、エリア、最寄り駅からの距離、間取りや広さ、窓の向きなどがありますね。それらを整理した上で、インターネットで検索したり、不動産屋さんに条件を伝えて物件を探してもらったりします。 実際に部屋を内覧する際に重要なことが、そこで生活する自分を想像してみることです。当たり前ですが内覧時の部屋には何もありませんから、実際に生活を始める時よりも広くきれいに見えます。 例えば、そこで料理をすることを想像して、冷蔵庫はどこに置けるか、収納は足りるか、導線はスムーズかなどを考えます。部屋にタンスや本棚を置くことを想像し、床や壁紙の色との調和は取れるか、部屋が狭くならないかなどを想像してもいいでしょう。部屋探しで大切なことは想像力です。内覧する各部屋で、自分が実際に住む時のことを想像して良し悪しを判断してみましょう。

関連ページ

確認しないでおくのは問題
良い賃貸物件を探すためのサイトです 情報をたくさん載せていきますので宜しくお願いします。
部屋選びは失敗ばっかり