情報収集をしっかりと

情報収集をしっかりと

賃貸物件を探す場合、誰でも「自分の条件や希望にあったお部屋に住みたい」と思っています。そして、一般論として、良い賃貸物件から決まってしまうので、当たり前の事ですが、自分の条件等にあっている賃貸の情報を集めることが非常に大事です。つまり、しっかりとした情報収集をしなければ、自分の好みの物件であるか否かの正確な判断ができなくなり、判断が遅れれば、自分の好みの物件を逃してしまう可能性が高まるということです。ちなみに、賃貸物件の情報収集の大前提として、まず「絶対的な条件」と「あったらいいなという希望」をしっかり区別し、必ず「絶対的な条件」で情報収集をするべきです。なぜなら、「絶対的な条件」と「あったらいいなという希望」の二つで情報を集めると、情報自体が多くなりすぎて、集めた情報を分析しにくくなるからです。そして、情報が多ければ「絶対的な条件」が漠然としてしてしまったり、条件と希望が頭の中で混乱してまい、情報の整理に時間がかかり過ぎてしまいます。なので、必ず「絶対的な条件」で情報を集め、一度、その範囲の情報で優先順位を決めてから、その賃貸の情報の中に「あったらいいなという希望」がある物件の優先順位を上げていくと、作業効率が非常に良くなります。また、このような作業をする過程で、自分の賃貸物件に求める「絶対的な条件」が明確になり、「絶対的な条件」と「あったらいいなという希望」の区別も明確になります。そして、もし「絶対的な条件」を取り違えていれば、早い段階で修正をすれば良いのです。また、あるエリアで賃貸物件を探す場合に、家賃・駅からの距離・専有面積等の条件に関して、「絶対的な条件」に当てはまる物件が無い場合には、エリアを変えるか、「絶対的な条件」を少し緩やかにして、情報を集め直せば作業効率も上がり、物件を探す時間も節約でき、このことは自分の条件にあった物件に早くたどりつくことを意味します。

 

従って、賃貸物件を探す場合には、自分の条件等を正確に認識した上で、しっかりと情報収集することが大切です。