不動産業者と仲良くする

不動産業者と仲良くする

理想の賃貸物件になかなか出会えないという方はいませんか。こだわりの条件が多いと数は限られてくるのは仕方のないことです。しかし、どうしてもこの賃貸に住みたいというような場合は空きが出るまで待つという方法もあります。賃貸なんて住めればどこでもいいという方もいますが、あの部屋が空いたらすぐにでも入りたいという方もいるでしょう。人気のある賃貸物件の場合、狙っている人が他にもいるということはよくあるものです。そんな時は空室の看板が出るまで待っているよりも不動産業者と仲良くしておくことをおすすめします。空き物件の入居者を募集し始める前にその情報を知ることができれば、住みたい部屋に住める可能性は格段に高くなるでしょう。賃貸探しをしている時はいろいろな不動産業者を訪ね歩くこともあるでしょう。

 

こまめに訪問しているうちに仲良くなれることもよくあります。お客さんによって差を付けることはありませんが、募集を出す前に声をかけてくれたりすることもあるのです。募集を出すのはそれなりにコストがかかることもありますし、募集を出さずに入居者が決まるのは不動産業者としても有り難いという時もあるでしょう。賃貸に住んでいる人が引っ越すことになったら、急に部屋を出て行くことは基本的にはないものです。だいたい一ヶ月前には不動産業者に連絡して引っ越し日も伝えるような決まりがあるのが一般的です。そのため、早くに退去情報を入手しています。懇意にしていれば目を付けていた賃貸物件や条件の合致する物件であればすぐに教えてくれることもあります。広告が出てしまえば他の人に先を越されてしまう可能性もありますが、世に出る前に知ることができれば先を越されることもありません。また、不動産というのは信用できない人には貸さないこともあります。家賃が払えなさそうだったり、物件によっては審査が厳しいこともあります。そういった場合も人となりが分かっていると良くしてくれる可能性もあるのです。